小児歯科

小児歯科

むし歯になってしまったお子様の治療はもちろん、治療後のシーラント・フッ素塗布など、今後むし歯にならないための予防処置、むし歯のないお子様にはいつまでも健康な歯でいるための予防処置をおこないます。また、むし歯予防のためにもっとも大切なご家庭での歯の磨き方を指導しております。
小さいお子様にはお母さんに仕上げ磨きなどのブラッシング方法を指導しております。

問題点の確認と治療方針の説明

pict_1

初めて来院された方は、ご本人もお母様も大変緊張しています。
緊張をとりながら、問題点の確認をさせていただき治療方針を説明していきます。

・家族構成
・食生活の状態、全身の発育状態、発音の状態、アレルギーの有無
・X線診査・ダイアグノデントによる"う歯"の状態
・歯列の状態の診査、小帯の付着、指しゃぶり等の習癖の有無
・ブラッシングについて

問題点は、一見"う歯"が無いように思える場合でも専門家が拝見しますと、隣接面にある場合が多くあることです。
そのため正確な診断には、X線やダイアグノデントによる診査は不可欠です。

予防処置例

pict_4

一番の予防は生活習慣からの予防です。う歯は細菌によって引き起こされる病気ですから、規則正しい食生活があり、口を清潔に保つ為の"ブラッシング"があります。

黒田歯科では、生活指導を行い、さらにフッ素の塗布、シーラント、メンテナンスによるリスクの軽減を行い"むし歯"のない永久歯列へ導きます。

メンテナンスについて

治療が終了しても、口腔内の状態により3~6ヶ月の間隔で定期健診をおススメいたします。

【 来院時に行なう事 】
・PMTC(口腔内を専用の器具を用い清掃する)
・TBI(ブラッシングのチェック)
・う歯の発生の有無
・フッ素塗布によるう蝕予防
・歯列の状態、習癖による乱れの有無(特に指しゃぶり)
・ホームケアーの指導