インプラント

歯のない方の治療方法について

歯の抜けた状態では、うまく話すことができない、食べ物を噛むのがたいへんなど、さまざまな悪影響が生じます。
自分の歯を健康に維持することがいちばんですが、永久歯を失ってしまったら、その部分をきちんと治療して手入れをしていくことが大切です。
治療にはいろいろな方法がありますから、自分に合った治療方法を、歯医者さんにじゅうぶんに相談して選びましょう。

インプラント(人工歯根)治療について

implant_photo7

インプラント治療は歯の抜けた場所に人工の歯根(しこん)を埋め込んで、顎(あご)の骨に固定した後、人工の歯を上から装着する治療方法です。

各治療方法について

  1. 放置

    implant_photo2

    【 良い点(長所) 】
    ・ありません

    【 留意点(短所) 】
    ・抜けた歯の周囲の歯が動いていまう。
    ・対合する歯が浮いて弱くなる。
    ・噛む機能が低下する。
    ・発音障害。
    ・審美性(見た目)が悪い。

  2. ブリッジ

    implant_photo1

    【 良い点(長所) 】
    ・補綴物(被せる人工の歯)を選べば審美性は良好。
    ・自分の歯と比べ、食感や味覚は、あまり差がない。

    【 留意点(短所) 】
    ・ブリッジを固定するために、周囲の歯を削らなければならない。
    ・支えになる歯は負担が大きい。
    ・抜けた歯の部分の顎骨が、次第にやせてしまうことがある。

    【 治療費用 】
    ・保険適用あり。
    ・使用材料により適用外のもある。

  3. 入れ歯

    implant_photo3

    【 良い点(長所) 】
    ・一般的な治療のため、比較的簡単に治療が受けられる。
    ・取り外しができるため、自分では歯みがきが困難な方に衛星的。

    【 留意点(短所) 】
    ・形状が合わないと口の中で動きやすく、痛みがともなうことがある。
    ・バネの架かる歯は負担が大きい。
    ・食べ物カスが残りやすく、口の中が不衛生になりやすい。
    ・固い物やお餅等、噛むのに苦労する。
    ・発音しづらくなることがある。
    ・取り外して手入れをする必要がある。

    【 治療費用 】
    ・保険適用あり。
    ・使用材料により適用外のもある。

  4. インプラント

    implant_photo4

    【 良い点(長所) 】
    ・自分の歯のような感覚で噛むことができる。
    ・噛む力、味覚が低下しない。
    ・周囲の健全歯を傷つけることがない。
    ・審美性が良好。
    ・インプラントがしっかり固定するのと、顎骨のやせるのを防ぐことができる。

    【 留意点(短所) 】
    ・歯を抜く場合と同程度の手術が必要。
    ・体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある。
    ・インプラントは顎骨に埋めるため、細菌感染には十分な注意が必要。正しい清掃習慣と定期健診を受けて長く維持することができる。